[ピティナ eラーニング] 動画視聴ページ
こちらの動画は無料お試し版になります。 続きを視聴されたい方は、ログインの上、定額見放題サービスへお申込ください。
ピティナ徹底研究シリーズ2017 クラウディオ・ソアレス 生徒の「個性」を引き出す多角的処方箋
第1部 J.S.バッハ アーティキュレーションの可能性
講師:クラウディオ・ソアレス
諸説入り乱れるバッハの演奏解釈。研究と実践の中で導き出されたアーティキュレーションについての考え方と、バロックスタイルの指導法の可能性を、基本レクチャーと頻出教材の公開レッスンで紐解きます。

《モデル生徒&曲目》
渡邉奏 (わたなべ・かな、小5) ◆2016コンチェルト部門A金賞
インヴェンション第9番へ短調 BWV780 シンフォニア第15番ロ短調 BWV801

渡辺康太郎 (わたなべ・こうたろう、中2) ◆2016E級銅賞
フランス組曲第6番ホ長調 BWV817 より

◆クラウディオ・ソアレス先生のプロフィールはこちら
タグ:指導, バッハ
© ピティナ
同一シリーズの動画(3件)

トップ > ピティナ徹底研究シリーズ2017 クラウディオ・ソアレス 生徒の「個性」を引き出す多角的処方箋