[ピティナ eラーニング] 動画視聴ページ
こちらの動画はダイジェスト版になります。 全編を視聴されたい方は、ログインの上、定額見放題サービスへお申込ください。
指導者ライセンス筆記試験対策講座
2019年下半期 提携コンクール課題曲
講師:西尾洋
楽譜を「分析」してそれをどう「解釈」し、指導につなげていくのか?
2019年度秋の指導者ライセンス筆記試験課題曲のアナリーゼを通して、楽譜に書かれていること、そして書かれなかったことを読み解く方法をお伝えいたします。
筆記試験を受検される方はもちろん、身近な曲のアナリーゼを学びたい方、提携コンクールに生徒さんを出場させる方もぜひご覧ください。

<チャプターリスト>※クリックするとその箇所から始まります
・今回の筆記試験のポイント
・音程・和音の種類
・和音記号とコードネーム
・J.S.バッハ◎フランス組曲 第5番 ト長調より「ガヴォット」【日本バッハコンクールより】
・C. Ph. E. Bach◎Allegro(ト長調)【日本バッハコンクールより】
・クーラウ◎ソナチネ Op.55-3 第1楽章【ソナタコンクールより】
・ブルグミュラー◎25の練習曲より 第11番 せきれい【ブルグミュラーコンクールより】
・ドビュッシー◎『子供の領分』より「ゴリウォークのケーク・ウォーク」【ヨーロッパ国際ピアノコンクール in Japanより】
・バスティン◎マクドナルドおじさんのロック【バスティンピアノコンクールより】
まとめ
タグ:指導, 中級, 初級, アナリーゼ, コンクール
© ピティナ
トップ > 指導者ライセンス筆記試験対策講座