[ピティナ eラーニング] 動画視聴ページコメント欄
こちらの動画はダイジェスト版になります。全編を視聴されたい方は、ログインの上、 定額見放題サービスへお申込ください。
作曲家は聴き手に語る―音楽の修辞学からみるピアノ曲
第二部:課題曲にレトリックの要素をみつけよう その1
講師:上田泰史
・特定の感情と結びついた個々の音型
♪解説する課題曲:
 -グレチャニノフ 〈別れ〉
 -ハチャトゥリアン《子ども時代の画集》第1番〈小さなうた〉
 -ショパン:《マズルカ》作品7-2 イ短調
 -プレイエル《メヌエット》
・シューマン 〈見知らぬ国〉、モーツァルト〈恋とはどんなものかしら〉の例
・楽節構造が生み出すレトリック
・修辞学における「発想」と「配置」
♪解説する課題曲:
ベートーヴェンのソナタ 作品49-2
タグ:コンペ課題曲 関連コンテンツ
© ピティナ
同一シリーズの動画(3件)

トップ > 作曲家は聴き手に語る―音楽の修辞学からみるピアノ曲