[ピティナ eラーニング] 動画視聴ページコメント欄
こちらの動画はダイジェスト版になります。全編は会員限定となります。詳しくはこちらをご参照ください。
ソナタコンクールマスタークラス2020
ベートーヴェンの中期ソナタに挑む ~作品31を中心に、ワルトシュタイン・熱情へ~
講師:小鍛冶邦隆
ベートーヴェンは、しばしばソナタを2つ、3つといった連作で発表しました。これは出版上の事情もあったわけですが、このことをもう少し深く考えてみましょう。
ベートーヴェンの中期ソナタ、とりわけOp.31(第16ー18番)はベートーヴェンにおけるソナタの作風が花開いた、ソナタ形式の典型ともなる作品です。
今回は、特に「ソナタ形式」に着目して、こちらの3つの作品を中心に詳しく解説しながら、どのように「ワルトシュタイン」「熱情」といった、個性的な形式をもった作品へと移ろっていったのか、作曲家・音楽学者の視点からレクチャーいたします。

◆配布資料はこちらからダウンロード
配布資料
別添資料1
別添資料2
別添資料3
タグ:ソナタ, 中級, 上級
© ピティナ
同一シリーズの動画(9件)

トップ > ソナタコンクールマスタークラス2020